« 僕の起源 | トップページ | 【CoffeeBreak】牛追い祭り part1 »

THE 効率化人間

Ken僕は子どもの頃から効率化を重んじる人間だった。
テレビで志村けんと研ナオコが競演していることさえも『志村ケンナオコ』と呼び効率化を図っていた。いわゆる時短ってやつだ。
その昔、『志村ケンナオコ』はドリフで頻繁に見ることができたため、この効率化の手法を重宝したものだった。 ※余談だが数年前見たプチシルマのCMでも『志村ケンナオコ』は健在であった。

さて、『志村ケンナオコ』『志村ケンナオコ』、そうやって呼び続け効率化を図っていたある日のこと。"名は体を表す"とは よくいったもので、あまりにそれを『志村ケンナオコ』と呼び続けていたためか、志村ケンと研ナオコの実体は、半透膜を隔てた溶液たちが互いの浸透圧を調整するがごとく、徐々に徐々に融合しはじめた。その融合はゆっくりと進行し、しばらくすると研ナオコの胴体に志村ケンの上半身が取り込まれた形を成し、終いには研ナオコの腰のあたりから志村ケンの下半身のみが生えている状態に遷移した。そのさまはちょうど射手座のケンタウルスのようであった。
私が口から発し続けた『志村ケンナオコ』という言葉。それに秘められたパワー、言霊。そういえば室町時代の人々は言霊をたいそう大事にしたと聞いたことがある。

志村と研の融合。これは幼少の頃の言霊にまつわる奇妙な体験だった。ちなみに聡明な読者なら高倉健と研ナオコについても同様の言霊現象があるように思うかもしれないが、現段階ではその実例は報告されていない。

|

« 僕の起源 | トップページ | 【CoffeeBreak】牛追い祭り part1 »

青の歌」カテゴリの記事

コメント

ふむ。直列つなぎによる効率化の話じゃな。

ワシは並列つなぎによる効率化にも成功した。

жダアキコと発音することで

和田アキ子と矢田亜希子を

同時に表現することができた。

あっこにおまかせで、矢田亜希子のことを

話題にする時など便利である。

投稿: HEY8 | 2009年9月 4日 (金) 03時17分

>HEY8
返信遅くなりました。
これは 松本人志 と 松本志のぶ の関係性と一緒ですね。ロッテとロッチの関係性とも一緒ですね。

投稿: 赤MAN | 2009年9月27日 (日) 15時14分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: THE 効率化人間:

« 僕の起源 | トップページ | 【CoffeeBreak】牛追い祭り part1 »