« 2009年4月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月の3件の記事

Mimi耳は ぶっちゃけいらないのでは無かろうか?。
耳。耳と言っても、まさに耳たらしめている部分(耳のアイデンティティと呼んでもよい部分)、すなわち我々の顔の両側についているフワフワした部分。これは不要では無いか?

見る・・・・・・目
嗅ぐ・・・・・・鼻
味わう・・・・口

としたとき、
「聞く」について、あのフワフワした部分、つまり一般的に耳を指す部位は ただのオプション・お飾りであり、大事なのは鼓膜の方である。あの鼓膜さまが震えることにより、我々は音を知覚し、聴覚を成す。鼓膜さまこそ大事な物(ぶつ)。
そうなると、目、鼻、口と 耳 を同列に知覚の代表器官として並べることは不適当かつ無配慮。身分不相応。
※なお、ここでは議論を簡単にするために肌(知覚)については無視することとする。

よし。これから私は目、鼻、口、鼓膜を1セットとして捉えることにする。そう決意する。

・・・・鼻。鼻。鼻。
よくよく考えると鼻の、まさに鼻たらしめている部分(鼻のアイデンティティーと呼んでもよい部分)、すなわち我々の顔の中央についている山型ヘッドの固形物。これもニオイを知覚する観点では ぶっちゃけいらないのでは無かろうか?鼻アイデンテティを削ぎ落としたところで嗅覚は損なわれないでは無いか。いや、口さえもよくよく考えると、まさに口たらしめている部分、口のアイデンテティは味覚において不要。

となると、目、鼻、口、耳とはいったいなんぞや?彼等のアイデンテティとはいったいなんぞや?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

【CoffeeBreak】紳助のFNS26時間テレビ

26hoursあーあ、今年は期待はずれに終わったなー。毎年恒例のFNS26hoursテレビ、今年の司会は紳助でしたが。。
紳助がこういう司会をやるのは初めてだし、中居や香取が司会するよりはバラエティ色が強くなると思って期待してました。しかし、うーん、残念。

そもそも自分的にはヘキサゴンファミリーというのが肌に合わないですね。いや、紳助の商業精神が肌に合わないのか。
紳介はオールスター感謝祭などの仕切りは抜群だけど、根っからの芸人では無いですね。。。残念ながら。
紳介的には高校卒業後 お金を稼ごうとしたとき そこに芸人という選択肢があっただけで、別に他の商売でも良かったのでしょうね。
年を重ねても身を挺して笑いを取りに行く たけし、さんま、つるべあたりとは人種が違うのだなー。うーん。
紳助のトークは神の域に達してて好きだけど、もうこの手のやつは勘弁願いたい。

来年はダウンタウン、さんまあたりにもう一度司会お願いしたいです。
もしくは個人的願望で今田耕司を抜擢!絶対抜群におもしろくなると思うんだけど。
上記のメンバーよりも格は若干下だとしても実力は間違いなくトップ級。さんま、たけし、ダウンタウンあらゆる大御所と絡めるし。

批判的なことばかり書きましたが、そうはいっても今年もいくつか見所はありましたよ。

 ・恒例さんまと中居のトークに紳介。さんま、紳介のトークの応酬はさすがというしかない。
  タモリと紳介のトークも新鮮で良し。やはり、大御所⇔若手だと太鼓持ち的に終わっちゃうけど、
    大御所は大御所と絡んで対等に打ち合うべきですね。
 ・クリス松村と山根がイカダで川下りマラソン。結局、イカダ企画は失敗に終わりグダグダ。
  中継時に いちいち乙女発言を繰り返すクリスにみんなイライラ、罵倒。
  山根もクリスを相当うざがって無視。(後半はクリスちょっと可愛そうだったな。)
 ・山田優の弟・親太朗(←初めて見ました) そのとぼけキャラたるや強烈。
  クイズの回答は 3割ぐらい"ちんすこう"。クイズの途中で ちんすこうを共演者に配ったり。
    クイズの途中でバッタを発見したり。
  ・たけし、今年も中継に登場。昨年同様、さまざまなキャラに扮して相変わらずのたけしを熱演。
  山の主・カラス田カー。沼の主・サギ田トキ。花火職人・火薬田ドン。
 ・12時間耐久三輪車。完走したものだけが自分の今伝えたいことを伝えることができるという感動(?)企画。
  親に感謝の気持ちを伝えたいだったり、息子に親父の頑張ってるとこを見せたいだったり、そういうやつ。
  その中で、一度は振られたもののもう一度その女の子に告白したいと言っていた若者が一人。
    会場にはその勇姿を見つめる女の子の姿。
  そして、見事完走。いよいよ会場に呼んでいた女の子に告白 
       ⇒ 女の子、間髪入れず 迷うことなく 「ごめんなさい」 会場:「エーーーーー」

 
紳介による感動の押し売りは食傷気味。その演出は、偽善と批判される日テレ24hテレビよりも中途半端でいただけなかった。
一方、笑いに徹しきった昨年のさんま27hテレビのエンディングは自然とホロリとさせられました。
笑いと感動をウリとした今年の26hテレビからは伝わってくる涙が一つも無かったのはなんとも皮肉な結果です。

ちなみに昨年の27hテレビ。
【CoffeeBreak】FNS27時間TV鑑賞記 ~暴れる たけし~
【CoffeeBreak】FNS27時間TV鑑賞記② ~さんまVSダウンタウン~
【CoffeeBreak】FNS27時間TV鑑賞記③ -生放送に強い芸人-

| | コメント (2) | トラックバック (0)

【CoffeeBreak】ドラクエ9買いました 更新再開しました

Images なんやかんやあって久々の更新。期間がだいぶ空いてしまいましたがDQⅨを買ったのを機に更新を再開しようかと思っています。今後もよろしくお願いします。

前作のドラクエ8も買ったんですけどね、船を取る直前でいろいろ忙しくなってそのまま放置してしまい、結局どこまでプレーしてたのか忘れてしまいました。。。
8に決着をつける前に9に手をつけるというのは甚だ不本意ではありますが、甥っ子も買ったというのでとりあえずやってみようかと思ってます。

【ちょっとやってみた感想】
・仲間のキャラクターは髪型、顔、体系などいろいろ自由に選択できるが、やってみると結構面倒くさい
・仲間の名前も自由に決めれるが、クラスの好きな人の名前をつけると友達に貸したときにばれるのでやめるべき。⇒これはこれで結構悩む
・仲間の名前を「ケンコバ」「ホリケン」など好きなお笑い芸人にした。そのうちの一人を「わらいめし」としたはずが、レベル15になったときに「わらめし」と打ち間違えしていたことに気づく。今さらやり直すわけにもいかないので今に至る。
・堀井雄二は髪の毛が薄くなった。⇒高橋名人も髪の毛が薄くなった。

お盆で実家帰った頃には甥っ子と完全に差がついてしまってるだろうなー。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年8月 »